紫外線は薄毛の原因になる

紫外線を大量に浴びることは、人間の身体にとって百害あって一理なしです。
紫外線の威力は非常に強力で、その影響は頭皮にまで及んでいることを忘れてはいけません。
基本的に、薄毛の原因にならないようにするために頭が蒸れるものは避けられる傾向にあります。
では、帽子をかぶることは頭皮にとって良くないことなのでしょうか。
実は、帽子をかぶって頭が蒸れるよりも、紫外線によって頭皮にダメージを与えられるほうがよほど薄毛の原因になることがわかっています。
紫外線の怖いところは、細胞そのものを破壊してしまうことにあります。
本来、細胞は自己修復の機能がありますので、怪我などをしてもその部分を自身で再生させて傷をすぐに治してしまいます。
しかし、紫外線のように細胞そのものを破壊してしまうとその部分の修復は機能しなくなってしまい、二度と再生することがなくなるのです。
当然、頭皮にもこれと同じことが起こってしまいますので、薄毛を防ぎたいのならばフィナステリドの服用も重要ですが、紫外線によるダメージを避けるように心がけなくてはいけません。M字はげ原因と治療方法はコレ!

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。